髪のパサつきにサヨナラ【改善するための取り組み】

Menu

家庭でできる頭皮のケア

婦人

加齢とともに気になる薄毛

加齢とともに気になることの一つが、薄毛です。特に男性は30代後半頃から気になりますし、薄毛対策も考え始める時期となります。もちろん、薄毛の人はたくさんいますので、当人が気にしなければあまり問題にすることでもありません。しかし例えば、娘の参観日に行った時に、自分一人だけ薄毛だったりすると、子どもが嫌がったり、からかわれたりすることもあります。そうならないよう、家庭でもできる薄毛対策はたくさんあります。一つはシャンプーの仕方です。爪を立ててごしごしと洗うと抜け毛の原因となります。洗髪の際は、指の腹で頭皮をマッサージするように洗うことです。毛髪の毛穴から汚れを押し出すイメージで洗うと良いでしょう。続いて、パソコンやスマホばかりしないことです。どういうことかというと、パソコン・スマホのし過ぎは目の疲れ・肩こりの原因となります。そして頭皮のコリにもなるのです。頭皮が硬くなると、毛髪は細くなり、抜け毛の原因となります。また白髪の原因になるとも言われています。生活の仕方を少し見直すだけでもずいぶんと薄毛対策にはなるものです。そして、育毛剤・発毛剤の活用です。大まかに言うと、育毛剤は今ある髪の毛を太く育てようとするもので、発毛剤は新たな毛髪を生やそうとするものです。市販のもので様々商品がありますが、その辺りを加味して選ぶと良いでしょう。これらは、男性に限ることではありません。出産後や加齢に伴う薄毛などで悩む女性も多くいますので、このような薄毛対策を意識しておくと役に立つでしょう。